洋楽歌詞和訳・ときどき邦楽英訳(意訳)

アートは翻訳できない。それを重々承知の上で意訳しています。解釈がおかしいところもあるかと思いますが何卒ご容赦を。都度読み返しては修正ちう。

カテゴリ: Life feeling


Easy Lover -Philip Bailey, Phil Collins (1984)

Easy lover
She'll get a hold on you, believe it
She's like no other
Before you know it
you'll be on your knees

危ない女
すぐにオマエを捉える、本当だ。
あんな女他にいない
その事に気付く前に
オマエは跪き崩れちまう

She's an easy lover
She will take your heart but you won't feel it
She's like no other
And I'm just trying to make you see

浮気な女さ
すぐに心を奪い取る、でもオマエはわからない
あんな女他にいない
オレはオマエに忠告してるんだ

She's the kind of girl you dream of
Dream of keeping hold of
You'd better forget it
You'll never get it

ずっと夢に見続けた女の子
待ち続けていた女の子だって?
忘れたほうがいい
絶対オマエのものにはならない

'Cause she will play around and leave you
Leave you and deceive you
You better forget it
Oh, you'll regret it, ooh yeah

彼女はオマエを弄び捨てるだろう
欺きそして去っていく
忘れたほうがいい
絶対に後悔する

Now don't try to change her, just leave it, leave it
Get out quick cos seeing is believing
It's the only way you'll ever know, oh

変えられるなんて考えるな。離れるんだ
今すぐ離れろ 見つめていると信じてしまう
それしか他に方法はない

*********
◆意訳NOTE

2016年9月11日

「浮気な女さ、オマエなんか軽く弄ばれて捨てられる。やめとけ。彼女はオマエが夢に見たカワイイ女の子じゃないんだ。いいから信じろ。絶対にやめとけって。」
オトコを次から次にとっかえひっかえする浮気なモテガール。彼女に惚れた友人に「やめとけ」って男友達が繰り返し諭す歌。この二人のデュオが何気にイイのよね。初デートでこんな歌流されたら多分ぶん殴るw

2017年11月8日 意訳修正

少しおかしいところがあったので意訳を修正しました。


*********
ベスト・オブ・フィル・コリンズ
フィル・コリンズ
ワーナーミュージック・ジャパン
1998-10-05




このエントリーをはてなブックマークに追加


That Lucky Old Sun -Frankie Laine (1949)
covered by Aretha FRANKLIN (1962)


Up in the mornin'
Out on the job
Work like the devil for my pay
But that lucky old sun got nothin' to do
But roll around heaven all day.

朝起きて
仕事に出かけ
亡者のごとく金のために働く
だけどお天道様は何もしてくれない
一日中 天国でごろごろしてるだけ

I got to work for my family, toil for my kids
Sweat till I'm wrinkled and gray
While that lucky old sun got nothin' to do
But roll around heaven all day

家族のために働き 子どもに苦労させられ
白髪のしわくちゃ婆さんになるまで汗をかき続ける
それでもお天道様は何もしてくれない
ずっと天国でごろごろしてるだけ

Good Lord above, don't you see I'm pining, tears all in my eyes
Send down your cloud with a silver lining, lift me to Paradise

見えませんか やつれ果て 涙を流している私の姿が
雲を下さい 希望の光りとともに 
私を楽園へと連れて行って

Show me that river, take me across
Wash all my troubles, wash them away
Like that lucky old sun, give me nothing to do
But roll around heaven all day

導かれ 河を渡り
厄介をすべて洗い流したら
お天道様のように 何もせず
一日中 天国でごろごろしていたい

Good Lord above, can't you see I'm trying, tears all in my eyes
Send down your cloud with a silver lining, lift me to Paradise

見えませんか がんばり続けて 涙を流している私の姿が
雲を下さい 希望の光りとともに 
私を楽園へと連れて行って

Show me that river, take me across
Wash all my troubles away
But that lucky old sun got nothin' to do
But roll around heaven all day.

導かれ 河を渡り
厄介をすべて洗い流したら
だけどお天道様は何もしてくれない
一日中 天国でごろごろしてるだけ

*********
◆意訳NOTE
「一日中家族のために働き、ガキに苦労させられ、白髪のしわくちゃになるまでずっと汗ダク。お天道様はお空でごろごろするだけで何もしてくれない。見えませんか、この涙が。雲に乗せ私を楽園に連れて行って。その河ですべてを洗い流し、いつかお天道様みたいに何もせず天国でゴロゴロしてみたい」

こんな感じかな。レイチャールズを始め、多くのシンガーにカバーされる名曲です。歌う人によって歌詞が少しづつ変わります。人間の日常は生きるために汗をかくことの連続。苦しみ涙を流すその頭上でお日様は空で一日中東から西へとゴロンとしてるだけ。この落差のがなんとも言えず切ないよね。日本でも多くの方がカバーしてる。ウチが好きなのは大西ユカリさん。翻訳もいい。もしよかったら一度聞いてみてください。今日は大好きなアレサ姐さんVerで。
このエントリーをはてなブックマークに追加


California Dreamin' - The Mamas & The Papas (1966)

All the leaves are brown (all the leaves are brown)
And the sky is grey (and the sky is grey)
I've been for a walk (I've been for a walk)
On a winter's day (on a winter's day)
I'd be safe and warm (I'd be safe and warm)
If I was in L.A. (if I was in L.A.)

木立の葉は茶色に染まり
空はねずみ色をしている
僕は散歩に出かけた
こんな冬の日に
何事もない暖かい日々を過ごせたんだろう
もしロサンゼルスにいたのなら

California dreamin' (California dreamin')
On such a winter's day

カリフォルニアを夢に見る
こんな冬の日は

Stopped into a church
I passed along the way
Well, I got down on my knees (got down on my knees)
And I pretend to pray (I pretend to pray)
You know the preacher like the cold (preacher like the cold)
He knows I'm gonna stay (knows I'm gonna stay)

教会を訪れた
道に沿って歩いたあとに
そうさ 跪いて
祈るふりをしたんだ
知ってるだろ 訓戒を与える男は寒いのが好きなんだ
彼は僕がここに留まることを知っている

California dreamin' (California dreamin')
On such a winter's day

カリフォルニアを夢に見る
こんな冬の日は

All the leaves are brown (all the leaves are brown)
And the sky is grey (and the sky is grey)
I've been for a walk (I've been for a walk)
On a winter's day (on a winter's day)
If I didn't tell her (if I didn't tell her)
I could leave today (I could leave today)

木々の葉は茶色に染まり
空はねずみ色をしている
僕は散歩に出かけた
こんな冬の日に
もし彼女に伝えたりしなければ
僕は今日ここを立ち去ることができただろう

California dreamin' (California dreamin')
On such a winter's day (California dreamin')
On such a winter's day (California dreamin')
On such a winter's day

カリフォルニアを夢に見る
こんな冬の日に

*********
◆意訳NOTE
「木立の葉は枯れ空はねずみ色をしている。そんな冬の日に僕は散歩に出かけ教会で祈るふりをする。何事もなく暖かい日々が送れたんだろうロスにいたのなら。牧師は寒いのが大好きで僕がここに留まることも知っている。もし彼女に伝えたりしなければ、僕は今日ここを立ち去ることができただろうに。カリフォルニアを夢見てる。こんな冬の日に」

こんな感じかな。今ひとつわからんけど、どんより曇った冬の日に彼女と何かあって街を去ることができなくなった。心は太陽が輝く常夏のカリフォルニアにあるのに。この対比がなんとも物悲しいよね。随分古い歌やけどなぜかよく聞いた気がします。どこで聞いたかは思い出せない(;´∀`)

2017年9月13日追記

昨夜翻訳したものを今朝少し修正しました

*********
このエントリーをはてなブックマークに追加


Que Sera Sera - Doris Day (1956)
The theme song of "The Man Who Knew Too Much" directed by Hitchcock.


When I was just a little girl
I asked my mother
What will I be
Will I be pretty
Will I be rich
Here's what she said to me

私がまだ子どもだった頃
母さんに尋ねたの
私は何になる?
可愛くなる?
お金持ちになる?
すると母さんはこう言った

Que sera, sera
Whatever will be, will be
The future's not ours to see
Que sera, sera
What will be, will be

ケ・セラ・セラ
なるようになる
先のことを心配しなくても
ケ・セラ・セラ
なるようになるものよ

When I grew up and fell in love
I asked my sweetheart
What lies ahead
Will we have rainbows
Day after day
Here's what my sweetheart said

大人になって恋に落ちた時
恋人に尋ねたの
この先に何があるの?
虹の彼方へたどり着けるの?
毎日聞いてばかりの私に
彼はこう言った

Que sera, sera
Whatever will be, will be
The future's not ours to see
Que sera, sera
What will be, will be

ケ・セラ・セラ
なるようになる
先のことを心配しなくても
ケ・セラ・セラ
なるようになるものさ

Now I have Children of my own
They ask their mother
What will I be
Will I be handsome
Will I be rich
I tell them tenderly

今、母親になった私に
子どもたちが尋ねてくる
僕はどうなるの?
ハンサムになる?
お金持ちになる?
私は優しく答えるの

Que sera, sera
Whatever will be, will be
The future's not ours to see
Que sera, sera
What will be, will be
Que Sera, Sera

ケ・セラ・セラ
なるようになる
先のことを心配しなくても
ケ・セラ・セラ
なるようになるものよ

*********
◆意訳NOTE
「小さな頃母に聞いた。大きくなったら何になるの?でも母さんは言ったわ。ケ・セラ・セラ。なるようになるものよ。今私は母になり同じように尋ねる息子に答えるの。ケ・セラ・セラ。先のことなど考えなくてもなるようになるものよ」
こんな感じかな。映画「知りすぎた男」の主題歌。すごく有名な曲で日本語の訳詞もたくさんある。ぜひ好きな翻訳で楽しんで下さい。いろんな翻訳を知る事で歌詞のイメージも膨らみます(*´ω`*)映画は見てないのでスルーで(;´∀`)
*********


知りすぎていた男 [DVD]
ジェームズ・スチュワート
ジェネオン・ユニバーサル
2012-09-26

このエントリーをはてなブックマークに追加


The Dock Of The Bay -Otis Redding-(1967)

Sittin' in the mornin' sun
I'll be sittin' when the evenin' come
Watching the ships roll in
And then I watch 'em roll away again, yeah

朝陽が昇ってから
やがて夜が訪れるまで
ただ船が行き来するのを見ている
やがて遠ざかり消えていく船を眺めてる

I'm sittin' on the dock of the bay
Watching the tide roll away
Ooo, I'm just sittin' on the dock of the bay
Wastin' time

港の波止場に佇み
潮が流れるのを見ている
ただ港の波止場に佇んで
それを眺めている

I left my home in Georgia
Headed for the 'Frisco bay
Cause I've had nothing to live for
And look like nothin's gonna come my way

ジョージアの家を出て
フリスコ湾に向かった
生きる甲斐が無かったから
そしてまだ生き甲斐を見つけられないでいる

So I'm just gonna sit on the dock of the bay
Watching the tide roll away
Ooo, I'm sittin' on the dock of the bay
Wastin' time

僕はただ港の波止場に佇み
潮が流れるのを見ているだけ
ただずっとここにいて
時間をつぶしているだけなんだ

Look like nothing's gonna change
Everything still remains the same
I can't do what ten people tell me to do
So I guess I'll remain the same, yes

何も変わりそうもない
すべては同じまま
みんなが言うようにはできない
多分ずっとこのままなんだ

Sittin' here resting my bones
And this loneliness won't leave me alone
It's two thousand miles I roamed
Just to make this dock my home

ここに座って骨を休める
この孤独はまだ僕から去ろうとしない
2千マイルあるき続けた挙句
この波止場を居場所にできただけ

Now, I'm just gonna sit at the dock of the bay
Watching the tide roll away
Oooo-wee, sittin' on the dock of the bay
Wastin' time

今 僕はただ港の波止場に佇み
潮が流れるのを見ているだけ
ただずっとここにいて
時間をつぶしているだけなんだ

*********
◆意訳NOTE
「生き甲斐を見つけたくて故郷ジョージアからフリスコ湾に来た。でも未だ何も見つけられず朝から晩まで、波止場に佇み船が行き来するのを見ている。2千マイル以上もの旅を続けた挙句が、この波止場を居場所にできただけ。この孤独は、この先もずっと僕から離れそうにない」
こんな感じかな。オーティス・レイ・レディング・ジュニアは60年代を代表するミュージシャン。この曲は彼が飛行機事故で亡くなる3日前に録音された。誰しもこんな時ってあるよね。時代を超えて共感できる、いい曲です。
*********
ドック・オブ・ザ・ベイ
オーティス・レディング
ワーナーミュージック・ジャパン
2013-04-24




このエントリーをはてなブックマークに追加


Englishman In New York -Sting (1987)

I don't take coffee, I take tea, my dear
I like my toast done on one side
And you can hear it in my accent when I talk
I'm an Englishman in New York

珈琲は飲まない。紅茶がいい
トーストは片面だけ
このクイーンズアクセントがわかるだろう
私はニューヨークの英国人

See me walking down Fifth Avenue
A walking cane here at my side
I take it everywhere I walk
I'm an Englishman in New York

五番街を歩く姿を見たまえ
傍らに杖をついている
どこへ行くのも一緒さ
私はニューヨークの英国人

Oh, I'm an alien, I'm a legal alien
I'm an Englishman in New York
Oh, I'm an alien, I'm a legal alien
I'm an Englishman in New York

私は異邦人。合法で入国した。
私はニューヨークの英国人
私は異邦人。合法で入国した。
私はニューヨークの英国人

If "manners maketh man" as someone said
He's the hero of the day
It takes a man to suffer ignorance and smile
Be yourself no matter what they say

誰かが言ったように「礼節が人をつくる」としたら
彼は今日の英雄だ
男らしくあるために 無教養な事象にも堪えて微笑む
誰が何と言おうと 自分らしくあればいい

Oh, I'm an alien, I'm a legal alien
I'm an Englishman in New York
Oh, I'm an alien, I'm a legal alien
I'm an Englishman in New York

私は異邦人。合法で入国した。
私はニューヨークの英国人
私は異邦人。合法で入国した。
私はニューヨークの英国人

Modesty, propriety can lead to notoriety
You could end up as the only one
Gentleness, sobriety are rare in this society
At night a candle's brighter than the sun

謙遜と礼節は評判を呼ぶだろう
やがて唯一無二の者に行き着く
寛大で真面目で冷静 ここでは稀なことだ
夜に輝くろうそくの灯火は太陽よりも明るい

Takes more than combat gear to make a man
Takes more than a license for a gun
Confront your enemies, avoid them when you can
A gentleman will walk but never run

男らしくあるために 戦闘装置以上のものがいる
拳銃のライセンスよりもっと
敵と対峙した時は できるなら避けたまえ
紳士は歩き決して走らない

If "manners maketh man" as someone said
He's the hero of the day
It takes a man to suffer ignorance and smile
Be yourself no matter what they say

誰かが言ったように「礼節が人をつくる」としたら
彼は今日の英雄だ
男らしくあるために 無教養な事象にも堪えて微笑む
誰が何と言おうと 自分らしくあればいい

*********
◆意訳NOTE

「珈琲は飲まない。紅茶にトーストは片面だけ。このアクセントがわかるだろう。「礼節が人をつくる」としたら、彼は今日の英雄だ。男らしくあるために 無教養な事象にも堪えて微笑む。誰が何と言おうと 自分らしくあればいい。私は異邦人。合法でここに存在する。私はNYの英国人」

こんな感じかな。この歌のモデルになったと言われているのがアーティストのクエンティン・クリスプ。MTVにも登場してる。英国紳士のプライドが凄いよね。彼はゲイでもあり、幼い頃から疎外感を感じて生きてきた。その感覚はNYの英国人が感じるそれと重なるのかもしれない。強くなるために武力ではなく礼節を身につけ、周囲の無礼を堪え微笑み自分らしく生きる。Ytubeで検索すると彼の映像がたくさん出て来る。美しい紳士なのでぜひチェックしてみてください。この歌は映画「Stars and Bars」の主題歌でもあるんやけど、ちょっと内容とあわない感じもするし、映画も見てないので今回はスルーで。
このエントリーをはてなブックマークに追加


Tears In Heaven -Eric Clapton (1992)


Would you know my name
If I saw you in heaven?
Would it be the same
If I saw you in heaven?
I must be strong and carry on
'Cause I know I don't belong here in heaven

君は僕の名を覚えていてくれるだろうか
もし天国で会ったなら
同じままでいてくれるだろうか
もし天国で君を見つけたら
僕は強くなって生きていかねばならない
ここは君のいる天国ではないのだから

Would you hold my hand
If I saw you in heaven?
Would you help me stand
If I saw you in heaven?
I'll find my way through night and day
'Cause I know I just can't stay here in heaven

君は僕の手を握ってくれるだろうか
もし天国で君を見つけたら
君は助けてくれるだろうか 僕が立っていられるように
もし天国で会ったなら
夜と昼を乗り越えて僕は生きる道を見つけよう
君のいる天国に留まる事はできないのだから

Time can bring you down, 
time can bend your knees
Time can break your heart, 
have you begging please, 
begging please

時には落ち込み
あきらめ
心を壊す事もあるだろうけど
どうか赦してほしい
お願いだ

Beyond the door there's peace I'm sure
And I know there'll be no more tears in heaven

ドアの向こうには平和があるんだろう
そして天国では涙を流すこともない

Would you know my name
If I saw you in heaven?
Would it be the same
If I saw you in heaven?
I must be strong and carry on
'Cause I know I don't belong here in heaven

君は僕の名を覚えていてくれるだろうか
もし天国で会ったなら
同じままでいてくれるだろうか
もし天国で君を見つけたら
僕は強くなって生きていかねばならない
ここは君のいる天国ではないのだから

*********
◆意訳NOTE
「もし天国で会ったなら、君は僕の名を覚えていてくれるだろうか。同じでいてくれるだろうか。苦しく長い夜と昼を超え、僕は強くならなくちゃいけない。時にはくじけそうになるだろう。そんな時はどうか赦してほしい。ドアの向こうには涙など流す事もない場所がある。でも僕はここで生きる道を見つけよう。いつか天国で会ったなら、君は僕に手を差し伸べてくれるだろうか。」
こんな感じかな。悲しい事故で息子を失ったクラプトンが、その悲しみを乗り越えるために創った曲。悲しい事が起こった時、大切な愛を失ってしまった時、人は人生の舵取りを間違えてしまいがちやけど、それは絶対にしちゃいけない。そんなことをしたら間違いが失った愛のせいになってしまう。若い頃、ドラッグや酒に溺れたクラプトンはそれに逃げる事なく乗り越えた。ホンマに深く愛してはったんやなあ。どうかご子息の魂が充分に慰められ新しい生が幸せでありますように。
*********




このエントリーをはてなブックマークに追加


True-Spandau Ballet (1983)


So true
Funny how it seems
Always in time, but never in line for dreams
Head over heels when toe to toe
This is the sound of my soul
This is the sound

その通りさ
おかしいと思うだろう
締め切りに間に合っても 夢へと繋がる歌が書けない
真正面から向き合い もんどりを打つ
これが僕の魂の音
僕の音楽なんだ

I bought a ticket to the world
But now I've come back again
Why do I find it hard to write the next line?
Oh, I want the truth to be said

僕は世界への切符を手に入れた
なのにまた帰ってきてしまった
なぜ次の曲を作るのはこんなに難しいんだ
伝えたい真実があるのに

I know this much is true
I know this much is true

わかってる これだけは本当だ
これだけは真実なんだ

With a thrill in my head and a pill on my tongue
Dissolve the nerves that have just begun
Listening to Marvin (All night long)
This is the sound of my soul
This is the sound

手に汗を握り 薬を口にする
緊張を解くんだ 今始まったばかりの
マーヴィンを聴こう (一晩中)
これが僕の魂の音
僕の音楽なんだ

Always slipping from my hands
Sand's a time of its own
Take your seaside arms and write the next line
Oh, I want the truth to be known

指と指の隙間から滑り落ちる
大切な時間の砂時計
この海辺の力を借りて次の曲を書くんだ
真実を知ってもらいたい

I know this much is true
I know this much is true

わかってる これだけは本当だ
これだけは真実なんだ

I bought a ticket to the world
But now I've come back again
Why do I find it hard to write the next line?
Oh, I want the truth to be said

僕は世界への切符を手に入れた
なのにまた帰ってきてしまった
なぜ次の曲を作るのはこんなに難しいんだ
伝えたい真実があるのに

I know this much is true
I know this much is true

わかってる これだけは本当だ
これだけは真実なんだ

*********
◆意訳NOTE
「僕は世界への切符を手に入れた。なのになぜ新しい曲を書けないんだ。五線譜に向き合いもんどりを打つ。これが僕の魂の音。指と指の間からこぼれ落ちる大切な時間。この海辺の力を借りて次の曲を書くんだ。真実を知ってもらいたい。これが僕の真実、魂の音楽なんだ。」

メロディーラインとトニー・ハドリーの甘い声とルックスになんかすごいロマンティックを感じるけど実際は曲を書く課程での苦悩を切々と歌い上げてる。ステキよね。スパンダー・バレエは1990年の解散後20年ほどの休止期間を経て2009年にオリジナルメンバーで再結成。これからも甘くダンディな音楽を聴かせてくれますように(*´ω`*)
*********

Gold: Best of Spandau Ballet
Spandau Ballet
Capitol
2001-01-23




このエントリーをはてなブックマークに追加


Maneater -Daryl Hall & John Oates (1982)


She'll only come out at night
The lean and hungry type
Nothing is new, I've seen her here before
Watching and waiting
Ooh, she's sitting with you but her eyes are on the door
So many have paid to see
What you think you're getting for free
The woman is wild, a she-cat tamed by the purr of a Jaguar
Money's the matter
If you're in it for love
You ain't gonna get too far

夜にだけ現れる
獲物に餓えたしなやかな身体
今に始まった事じゃない 前にもここで見た
じっと見てるんだ
君の隣にいても ドアの方ばかり見てる
どれほど多くの代償を払ってきたんだ
タダで手に入れられると思っていたのに
彼女は野性さ ジャガーの手のひらで遊ぶ猫
カネは厄介だ
愛のためにしてるなら
お前はもう逃げられやしないだろう

Watch out boy she'll chew you up
(Oh here she comes)
She's a maneater
(Oh here she comes)
Watch out boy she'll chew you up
(Oh here she comes)
She's a maneater

気をつけろ お前に噛み付く
(彼女が来る)
とんでもない男たらしさ
(彼女が来る)
気をつけろ お前を食っちまう
(彼女が来る)
男をもてあそぶんだ

I wouldn't if I were you
I know what she can do
She's deadly man, she could really rip your world apart
Mind over matter
Ooh, the beauty is there but a beast is in the heart

僕が君なら絶対にしない
彼女が何をするか知っているから
男をズタボロにする 世界をこなごなに割砕くんだ
気を引き締めろ
その美しい姿の中身は野獣だぜ

Watch out boy she'll chew you up
(Oh here she comes)
She's a maneater
(Oh here she comes)
Watch out boy she'll chew you up
(Oh here she comes)
She's a maneater

気をつけろ お前に噛み付く
(彼女が来る)
とんでもない男たらしさ
(彼女が来る)
気をつけろ お前を食っちまう
(彼女が来る)
男をもてあそぶんだ

*********
◆意訳NOTE
「獲物に餓えたしなやかな身体。夜になれば街に現れる。気をつけろ。彼女はマンイーター。美しいその姿の中身は野獣。君に食らいつきその世界をこなごなに砕いてしまうだろう。」

こんな感じかな。流行ったよねえ。しょっちゅうMTVで見てたわ(*´ω`*)「Maneater」はその名のとおり、人喰い人種、男たらし。歌詞は女を野獣に見立てて両方の意味を表現してる。クールよね。カッコ( ・∀・)イイ!!
*********

ベスト・オブ・ダリル・ホール&ジョン・オーツ
ダリル・ホール & ジョン・オーツ
SMJ
2015-10-14









このエントリーをはてなブックマークに追加


Sultans Of Swing -Dire Straits -(1978)


You get a shiver in the dark,
It's a raining in the park but meantime-
South of the river you stop and you hold everything
A band is blowing Dixie, double four time
You feel alright when you hear the music ring

君は暗闇の中で震える
雨の公園 その合間に
川の南で君は立ち止まり動けなくなる
バンドがディキシーを奏でる マーチのリズムで
君は安心する 鳴り響く音楽を聴きながら

Well now you step inside but you don't see too many faces
Coming in out of the rain they hear the jazz go down
Competition in other places
Uh but the horns they blowin' that sound
Way on downsouth
Way on downsouth
London town

君はその中に踏み込む けれど周囲の顔を見回したりはしない
雨宿り 彼らはジャズが始まるのを聞く
競い合う あちらこちらで
けれど彼らが吹くホーンの音は
ただ南へと
南へと向かっていく
ロンドンの街の

Check out guitar george, he knows-all the chords
Mind he's strictly rhythm he doesn't want to make them cry or sing
They said an old guitar is all, he can afford
When he gets up under the lights to play his thing

ギターのジョージを見ろ 彼はどんなコードも弾きこなす
正確にリズムを刻み 泣かせたり歌わせたりはしない
彼らは言った 古いギターがすべてだと 
奴には余裕がある ライトの下で演奏する時に

And Harry doesn't mind, if he doesn't, make the scene
He's got a daytime job, he's doing alright
He can play the honky tonk like anything
Savin' it up, for Friday night

ハリーは何も気にしていない 
奴がしなければ 華々しい成功を
彼は昼間の仕事を持ち 上手くやっている
ホンキートンクを激しく弾きこなし
そのまま演り続けるんだ 金曜日の夜のために

With the Sultans
We're the Sultans of Swing

サルタンとともに
俺たちはスイングのサルタン

Then a crowd a young boys they're a foolin' around in the corner
Drunk and dressed in their best brown baggies and their platform soles
They don't give a damn about any trumpet playin' band
It ain't what they call rock and roll
Then the Sultans
Yeah the Sultans they play creole, creole

若い連中は 隅っこのあたりをウロウロしてる
酔っぱらい 茶色いダボダボの服に厚底靴
まったくお構いなしに
バンドがトランペットを奏でていても
それは奴らの言うロックじゃない
サルタンだ
サルタンの音楽 彼らはクリオールを奏でる

And then the man he steps right up to the microphone
And says at last just as the time bell rings
Goodnight, now it's time to go home
And he makes it fast with one more thing

彼はステップしながらマイクに近づき
最後に言うんだ 鐘を鳴らすように
おやすみ さあ帰る時間だ
そしてリズムを速める 最後の曲の

We are the Sultans
We are the Sultans of Swing

サルタンとともに
俺たちはスイングのサルタン

*********
◆意訳NOTE
「突然降り出した雨、ディキシーの音に釣られ雨宿りのためバーに入る。そこではバンドがジャズを奏でてる。あちらでもこちらでも、まるで競い合うように。若い連中は隅っこで酔っ払うだけ。奴らの興味はロックンロール。ギターは正しくリズムを刻みホーンは南に向かって鳴り響く。サルタンだ。サルタンの音楽、クリオール。やがて終わりの時が来た。おやすみ!みんな帰る時間だ。彼らは最後の曲を奏でる。サルタンの音楽を。」
こんな感じかな。ダイア・ストレイツのデビュー曲です。カッコイイよね。クリオールは初期のジャズのことだと思います。サルタンは王様。ジャズは王様の音楽、スイング。キングじゃ華々しすぎて雰囲気が出ない。サルタンがいい。くたびれた酒屋で雨の中奏でられるクリオール。哀愁を感じさせる。メロディーラインもクールで( ・∀・)イイ!!
*********


Sultans of Swing + DVD
Dire Straits
Mercury
2007-10-01



このエントリーをはてなブックマークに追加


Dancing In the Dark - Bruce Springsteen - (1984)

I get up in the evening
and I ain't got nothing to say
I come home in the morning
I go to bed feeling the same way
I ain't nothing but tired
Man I'm just tired and bored with myself
Hey there baby, I could use just a little help

夕方に起き
何も言うことができないまま
朝に帰り
ベッドに入る 同じ気持ちで
何もできていない でも疲れてる
ちょっとくたびれて 自分にうんざりしてるんだ
誰か僕を助けてくれないか
ほんの少しでいい

You can't start a fire
You can't start a fire without a spark
This gun's for hire
even if we're just dancing in the dark

君は火をつけることができない
ひらめきなしで 火をつけるなんてできやしない
銃は誰かに貸してしまえ
ただ今は暗闇の中で踊っているだけだとしても

Message keeps getting clearer
radio's on and I'm moving 'round the place
I check my look in the mirror
I wanna change my clothes, my hair, my face
Man I ain't getting nowhere
I'm just living in a dump like this
There's something happening somewhere
baby I just know that there is

メッセージがはっきりしはじめる
ラジオを鳴らして 僕はここで踊っている
鏡に映った自分の姿
この服を 髪型を 顔を変えてしまいたい
どこにもたどり着けない
僕はゴミ捨て場のような所にいる
どこかで何かが起こっている
誰か それがどこだか教えてくれないか

You can't start a fire
you can't start a fire without a spark
This gun's for hire
even if we're just dancing in the dark

君は火をつけることができない
ひらめきなしで 火をつけるなんてできやしない
銃は誰かに貸してしまえ
ただ今は暗闇の中で踊っているだけだとしても

You sit around getting older
there's a joke here somewhere and it's on me
I'll shake this world off my shoulders
come on baby this laugh's on me

無為に過ごし歳を重ねる
そこらじゅうに飛び交うジョーク 
やがて僕もそこへ
そんな世界はまっぴらだ
誰か僕を笑い飛ばしてくれないか

Stay on the streets of this town
and they'll be carving you up alright
They say you gotta stay hungry
hey baby I'm just about starving tonight
I'm dying for some action
I'm sick of sitting 'round here trying to write this book
I need a love reaction
come on now baby gimme just one look

この街の路地に立つ
皆が上手く彫り上げてくれるだろう
彼らは言うんだ ハングリーであり続けろ
誰か 僕は今夜腹ペコだ
何かをしたくてたまらない
うんざりしてるんだ 
ここに座って詩を書こうとすることに
愛のある反応が欲しい
誰かここへ来て 一瞬でいい 僕を見てくれないか

You can't start a fire sitting 'round crying over a broken heart
This gun's for hire
Even if we're just dancing in the dark

君は火をつけることができない
壊れた心を抱えて座っているだけなら
銃は誰かに貸してしまえ
ただ今は暗闇の中で踊っているだけだとしても

You can't start a fire worrying about your little world falling apart
This gun's for hire
Even if we're just dancing in the dark

君は火をつけることができない
このちっぽけな世界が崩れるのを恐れてるなら
銃は誰かに貸してしまえ
ただ今は暗闇の中で踊っているだけだとしても

*********
◆意訳NOTE
「何もできやしない。自分に疲れてる。オレはこの銃をぶっ放す事ができない。ひらめきもなく、壊れた心を抱えたまま、このちっぽけな世界が壊れるのを恐れているだけなら。そんな銃は誰かにやっちまえ。たとえ今は暗闇の中で踊っているだけだとしても」
こんな感じかな。「write a book」が本なのか詩なのかわからないけど今回は詩と訳しました。曲が出来なくて苦悩する様子がありありとわかる。「write a book」を何かに変えることで誰にでもあてはまる歌詞になってる。メロディーラインも力強い。男っぽいすごくカッコイイ曲。
*********


グレイテスト・ヒッツ
ブルース・スプリングスティーン
ソニー・ミュージックレコーズ
1995-03-09





このエントリーをはてなブックマークに追加


The Sound of Silence -Simon And Garfunkel (1965)


Hello, darkness, my old friend
I've come to talk with you again
Because a vision softly creeping
Left its seeds while I was sleeping

やあ暗闇 僕の古い友人
また君と話すようになった
幻はそっと忍び寄る
種を残したのさ
僕が眠っている間に

And the vision that was planted in my brain
Still remains
Within the sound of silence

幻想
僕の頭の中に植え付けられた
まだ残ってる
静寂という音の中で

In restless dreams I walked alone
Narrow streets of cobblestone
'Neath the halo of a street lamp
I turned my collar to the cold and damp

不安な夢 僕は一人で歩いていた
細い石畳の路地
街頭の灯りの下で
湿っぽい寒さに襟を立てた

When my eyes were stabbed by the flash of a neon light
That split the night
And touched the sound of silence

僕の目を眩ませた
ネオンライトのフラシュ
それは夜を裂き
やがて静寂の音に触れた

And in the naked light I saw
Ten thousand people, maybe more
People talking without speaking
People hearing without listening

むき出しの光の中で僕は見た
一万人、それ以上の人々
話す事なく会話をし
聞く事なく聴いている

People writing songs that voices never share
And no one dare
Disturb the sound of silence

人々は歌を書き 決して歌おうとはしない
誰一人として
静寂の音を妨げはしない

"Fools," said I, "You do not know:
Silence, like a cancer, grows.
Hear my words that I might teach you.
Take my arms that I might reach you."

「バカな奴ら」僕は言った
「君は知らないんだ」
静寂は病巣のように広がる
聴け 僕の言葉を
君に教えられるだろう
掴め 僕の腕を
君に届くだろう

But my words like silent raindrops fell
And echoed in the wells of silence

けれど僕の言葉は音のない雨滴のように落ち
静寂の泉に響き渡る

And the people bowed and prayed
To the neon God they made
And the sign flashed out its warning
And the words that it was forming

人々は頭を垂れ祈りを捧げる
彼らが生み出したネオンの神に
突然のフラッシュと警告
そして言葉が形作られた

And the sign said,
"The words of the prophets are written on the subway walls
And tenement halls."
And whispered in the sound of silence

神は告げた
預言者の言葉は書かれてる
地下鉄の壁 安アパートの入り口に
そして囁いた
静寂の音の中で

*********
◆意訳NOTE
もう50年以上前の歌。今聞いてもやっぱり素敵ね。
歌詞は要約できひん。恐らくは彼が夢で見た音の発生する瞬間をストーリー仕立てで語ってる。「The Sound of Silence」という不思議な言葉の解釈は受け手次第。あくまでもウチの解釈やけどこの「The Sound of Silence」は「静寂の中に存在する音」みたいな感じかなと思います。その静寂は自分の中の潜在意識。それを夢のお告げで引き出したみたいな。間違ってたらゴメンね。
*********


サイモン&ガーファンクル・グレイテスト・ヒッツ
サイモン&ガーファンクル
Sony Music Direct
2003-12-17






このエントリーをはてなブックマークに追加


The House of the Rising Sun -The Animals (1964)

There is a house in New Orleans
They call the Rising Sun
And it's been the ruin of many a poor boy
And God I know I'm one

ニューオーリンズに家がある
皆が「朝陽の家」と呼ぶ
堕落させるんだ
さみしい男たちを
神様
アタシもその一人さ

My mother was a tailor
She sewed my new bluejeans
My father was a gamblin' man
Down in New Orleans

母親は仕立て屋
アタシに新しいジーンズを縫ってくれた
オヤジはバクチに明け暮れ
落ちぶれてニューオーリンズへ

Now the only thing a gambler needs
Is a suitcase and trunk
And the only time he's satisfied
Is when he's on, a drunk

ギャンブラーに必要なのは
スーツケースとトランクだけ
機嫌がいいのは
酔っ払っている時だけ

Oh mother tell your children
Not to do what I have done
Spend your lives in sin and misery
In the House of the Rising Sun

母親は言う
私みたいになっちゃいけない
罪にまみれた惨めな人生
この朝陽のあたる家で

Well, I got one foot on the platform
The other foot on the train
I'm goin' back to New Orleans
To wear that ball and chain

今アタシはプラットフォームに立ち
列車に乗り込もうとしている
ニューオーリンズに戻るんだ
鉄の玉に繋がれた足かせをはめに

Well, there is a house in New Orleans
They call the Rising Sun
And it's been the ruin of many a poor boy
And God I know I'm one

ニューオーリンズに家がある
皆が「朝陽の家」と呼ぶ
堕落させるんだ
さみしい男たちを
神様
アタシもその一人さ

*********
◆意訳NOTE
「ニューオーリンズに家がある。堕落させるんだ。さみしい男たちを。神様、アタシもその一人よ。オヤジは博打打ち。機嫌がいいのは酔ってる時だけ。母親は言った。”私みたいになっちゃいけない。こんな罪深い惨めな人生を送っちゃいけない”。今アタシはニューオーリンズへ帰ろうとしてる。重い鎖に繋がれた足かせをはめに。」

こんな感じかな。アメリカの古いフォークソング。作者はわからない。ボブ・ディラン始め多くのシンガーがカバーしてる。娼婦に身を落としたオンナが自分の人生を歌うブルース。 poor boy は直訳すれば貧しい少年となるけど、ここでは「さみしい男たち」と意訳しました。 今日はアニマルズのカバーで
*********


Best of the Animals
Animals
Emd Int'l
2000-06-17





このエントリーをはてなブックマークに追加


Everybody Dance -Chic (1977)

Everybody dance, do-do-do
Clap your hands, clap your hands
Everybody dance, do-do-do

さあ踊ろう
手拍子ならして
誰もがダンスを踊ってる

Clap your hands, clap you hands
Everybody dance, do-do-do
Clap your hands, clap your hands
Everybody dance, do-do-do
Clap your hands, clap your hands

手拍子ならして
さあ踊ろう
手拍子ならして
誰もがダンスを踊ってる
手拍子ならして

Music never lets you down
Puts a smile on your face
Any time, anyplace
Dancing helps relieve the pain
Soothes your mind, makes you happy again
Listen to those dancing feet
Close your eyes and let go
But it don't mean a thing
If it ain't got that swing
Bop-shoo-wa, bop-shoo-wa, bop-shoo-wa

音楽はいつだってハイにしてくれる
笑ってごらん
いつでも どこでも
ダンスで心の傷を癒やし
もう一度幸せになれる
ステップの音を聞き
目を閉じ さあ行こう
スイングしなきゃ始まらない
ボップ シュワ, ボップ シュワ, ボップ シュワ

Clap your hands, clap you hands
Everybody dance, do-do-do
Clap your hands, clap your hands
Everybody dance, do-do-do
Clap your hands, clap your hands

手拍子ならして
さあ踊ろう
手拍子ならして
誰もがダンスを踊ってる
手拍子ならして

Spinning all around the floor
Just like Rogers and Astaire
Who found love without a care
Stepping to our favorite tune
The good times always end too soon
Everybody's dancing
Lift your feet, have some fun
Come on everybody, get on your feet
Clap your hands
Everybody's screaming

フロアいっぱいスピンしよう
なんてことなく愛を手にした
ロジャー&アステアみたいに
お気に入りの曲に乗せてステップしよう
良い時は長く続かない
さあ踊ろう
足を上げて目一杯楽しもう
おいで踊ろう ステップ踏んで
手拍子ならして
みんなで声を張り上げよう

Clap your hands, clap you hands
Everybody dance, do-do-do
Clap your hands, clap your hands
Everybody dance, do-do-do
Clap your hands, clap your hands

手拍子ならして
さあ踊ろう
手拍子ならして
誰もがダンスを踊ってる
手拍子ならして


*********
◆意訳NOTE
「音楽はいつだってハイにしてくれる。踊って心の傷を癒やしてもう一度幸せになろう。ロジャー&アステアみたいにお気に入りの曲に乗せてステップしよう。良い時は長く続かない。踊って今を目一杯楽しもう。」
こんな感じかな。エエお天気の金曜日。なんとなく聴きたくなって(*´ω`*)
*********

The Very Best of Chic
Chic
Atlantic / Wea
2000-03-17




このエントリーをはてなブックマークに追加


Summer Of '69 -Bryan Adams - (1984)

I got my first real six-string
Bought it at the five-and-dime
Played it till my fingers bled
Was the summer of '69

雑貨屋で買った
初めての6ストリング
指先に血が滲むまで弾きまくった
1969年の夏

Me and some guys from school
Had a band and we tried real hard
Jimmy quit, Jody got married
Shoulda known, we'd never get far

学校の友達と組んだバンド
みんな本気で練習した
ジミーは辞め ジョディは結婚した
僕たちは決して離れちゃいけないと
気付くべきだった

Oh when I look back now
That summer seemed to last forever
And if I had the choice
Yeah, I'd always want to be there
Those were the best days of my life

あの頃僕は
あの夏が永遠に続くと思ってた
もし僕に選ぶ事ができたなら
ずっとそこにいただろう
人生で最高の日々だった

Ain't no use in complainin'
When you got a job to do
Spent my evenings down at the drive-in
And that's when I met you

今さらどうこう言っても仕方ない
君は仕事を手に入れた
2人が出会ったのは
ドライブインで夜を過ごしていた時だった

Standin' on your mama's porch
You told me that you'd wait forever
Oh and when you held my hand
I knew that it was now or never
Those were the best days of my life

君は家のポーチに立って
ずっと待っていると言った
君が僕の手を握った瞬間
今しかないと思った
人生で最高の日々だった

Oh yeah
Back in the summer of '69
Ohhh

思い出す1969年の夏

Man we were killin' time
We were young and restless
We needed to unwind
I guess nothin' can last forever, forever, no

暇を持て余し
若い僕たちはいつも何かにイライラしてた
緊張を解きたかった
わかってる
永遠に変わらないものなんかない

And now the times are changin'
Look at everything that's come and gone
Sometimes when I play that old six-string
Think about you wonder what went wrong

時は移り
過ぎ去った日々を思い出す
昔買った6ストリングを弾きながら
何がいけなかったのか考える

Standin' on your mama's porch
You told me it would last forever
Oh and when you held my hand
I knew that it was now or never
Those were the best days of my life

君は家のポーチに立って
ずっと待っていると言った
君が僕の手を握った瞬間
今しかないと思った
人生で最高の日々だった

Oh yeah
Back in the summer of '69
Un-huh
It was the summer of '69, oh yeah
Me and my baby in '69, oh
It was the summer, the summer, summer of '69, yeaaa

思い出す
僕と君との時間
懐かしい1969年の夏


*********
◆意訳NOTE
 「雑貨屋で買った中古の安物6ストリング。指先に血が滲むまで弾き続けた。仲間と一緒にバンドの練習。真剣だった。カノジョは家のポーチに立ち「ずっと待ってる」と言い手を握った。今しかない。そう思った。あの頃僕はあの夏が永遠に続くと思ってた。永遠に変わらないものなど何もないのに。思い出す1969年の夏」

こんな感じかな。初めてのギター、バンド、そして恋。ありがちなティーンエイジャーの夏。それが人生最高の思い出になってる。誰もが共感できる青春のきらめき。素敵な歌。

イディオム:five-and-dime 安物雑貨店 
これで初めてのギターがどんなシロモノだったかわかる。
*********



レックレス(30周年記念盤 デラックス・エディション)
ブライアン・アダムス
ユニバーサル ミュージック
2014-12-10



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ