洋楽歌詞和訳・ときどき邦楽英訳(意訳)

アートは翻訳できない。それを重々承知の上で意訳しています。解釈がおかしいところもあるかと思いますが何卒ご容赦を。都度読み返しては修正ちう。



Listen -Beyonce (2006) sound track for the movie dream girls

Listen to the song here in my heart
A melody I start but can't complete

聴くんだ 歌を この胸の中にある
旋律を 僕は奏で始める けれど 完成出来ない

Listen to the sound from deep within
Its only beginning to find release

聴くんだ 響きを 奥深くから伝って来る
ただ探し出そうとしている 解き放つ場所を

Oh the time has come for my dreams to be heard
They will not be pushed aside and turned
Into your own, all 'cause you won't listen

時は来た この夢を 聞かせられる
それは傍らに押しやられる事なく 向きを変た
君自身へと 君が聞こうとしないから

<※1>
Listen, I am alone at a crossroads
I'm not at home in my own home
And I've tried and tried
To say what's on my mind
You should have known

聞け 僕は1人で岐路に立っている
安らげる場所にはいない 自分の家では
そして何度も何度も
言おうとした 自分の思いを
君は気付くべきだった

<※2>
Now I'm done believing you
You don't know what I'm feeling

今 僕は終わらせた 君を信じる事を
君は理解していない 僕が何を感じているのかを

<※3>
I'm more than what You've made of me
I followed the voice, you gave to me
But now I've gotta find my own

僕は君が創り上げた それ以上の存在だ
僕は従って来た この声に 君が与えてくれた 
けれど今 僕は見つけた 自分自身のものを

You should have listened

君は聞くべきだった

There was someone here inside
Someone I thought had died
So long ago

誰かがいた この中に
それは 死んだと思っていた
ずっと昔に

Oh I'm screaming out
And my dreams will be heard
They will not be pushed aside or turned

僕は大声で叫んでいる
そして僕の夢を 聞かせられる
それは傍らに押し退けられも、歪むこともなく

Into your own
All 'cause you won't listen

君自身へと 
君が聞こうとしないから

<※1 繰り返し>
<※2 繰り返し>
<※3 繰り返し>

I don't know where I belong
But I'll be moving on
If you don't, if you won't

わからない どこが僕の居場所なのか
けれど僕は進んでいく
君がしなくても しようとしなくても

Listen to the song here in my heart
A melody I start, but I will complete

聴くんだ 歌を この胸の中にある
旋律を 僕は奏で始める そして完成させるだろう

<※2 繰り返し>
<※3 繰り返し>



ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
ジェイミー・フォックス
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2013-08-23

*********
◆意訳NOTE

2019/07/20
意訳を全部やり直しました

「Listen」というシンプルな言葉が力強く響く。本当に素敵な歌です。
まだ少しわからない部分もあるので、また時間をおいて見直したいと思います。


2016/08/03
 「聞いて、あなたの胸に流れ始めた本当の夢を、この歌を。あなたは自分のことを何もわかっていない。あなたはこんなモンじゃない。この声が創りあげた本当の自分を今やっと見つけた。どうやって行けばいいかなんかわからない。でも私は進むのよ。自分自身が諦めないかぎり」こんな感じかな。
大きな岐路に立った時、自分自身と向き合いそして本当の自分を確かめる。
ドリームガールズが大スターになり、商売ッケ旺盛なカーティスと仲間との不協和音が流れ始め、ついに彼からの決別を決心した時に歌う曲。このシーンは感動的でした。ビヨンセはこの映画で女優として大きく羽ばたいたように思います。本当にステキな曲。そしていい映画でした。
*********



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ