洋楽歌詞和訳・ときどき邦楽英訳(意訳)

解釈がおかしいところも多々あるかと思いますが何卒ご容赦を。都度読み返しては修正ちう。



The Christmas Song
Robert Wells and Mel Torme(1944)
*sing by nat King cole


Chestnuts roasting on an open fire
Jack Frost nipping at your nose

栗の実を焼く 暖炉の火で
霜の精が触れる 君の鼻に

Yuletide carols being sung by a choir
And folks dressed up like Eskimos

クリスマス・キャロルは歌われる 聖歌隊に
そして人々は着飾る エスキモーのように

Everybody knows a turkey and some mistletoe
Help to make the season bright

誰もが知っている 七面鳥とヤドリギは
役立つと この季節を輝かせるために

Tiny tots with their eyes all aglow
Will find it hard to sleep tonight

子どもたちの瞳はキラキラ光り
眠れないかもしれない 今夜は

They know that Santa's on his way
He's loaded lots of toys and goodies on his sleigh

彼らは知っている サンタが向かっていると
積み込んで 沢山のオモチャとお菓子を そのソリに

And every mother's child is gonna spy
To see if reindeer really know how to fly

誰しも 母から生まれた子どもたちは 見張っている
確かめようとして もしトナカイが本当に飛べるのなら

And so I'm offering this simple phrase
To kids from one to ninety-two

そして 僕は伝えている この素朴な言葉を
子どもたちへ 1歳から92歳までの

Although it's been said many times, many ways,
Merry Christmas to you

ずっと言われて来たけれど 何度も、様々な形で
メリークリスマスを 貴方に



クリスマス・ソングス
オムニバス
SMJ(SME)(M)
2007-11-14



*********
◆意訳NOTE

2019/12/10
意訳を全て修正しました

「And folks dressed up like Eskimos」の「folks」は「家族」か「人々」か、どっちにしたものか随分悩んだんですが、今回は少し枠を広げて「人々」としました。人々というても、地域の人とか、なんかこう身近な人をイメージしています。

この曲が書かれたのは1944年、もう随分昔のこと。
ですが、今聴いても素敵です。
時代を超えて愛される名曲ですね(*´ω`*)

2018/10/17
意訳を全て修正しました

2017/12/17

第一回目意訳

*********










このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ