洋楽歌詞和訳・ときどき邦楽英訳(意訳)

解釈がおかしいところも多々あるかと思いますが何卒ご容赦を。都度読み返しては修正ちう。




Do they Know it's Christmas - Band Aid (1984) 

It's Christmastime
There's no need to be afraid

クリスマスだ
恐れる必要などない

At Christmastime
We let in light and we banish shade

クリスマスに
僕達は光を差し込み 消し去るんだ 影を

And in our world of plenty
We can spread a smile of joy
Throw your arms around the world at Christmastime

そして、この満たされた世界で
僕達には出来る 広める事が 喜びの笑顔を
その腕で抱きしめよう 世界を クリスマスに

But say a prayer
Pray for the other ones

とにかく 祈るんだ
祈りを 他の誰かのために

At Christmastime
It's hard but when you're having fun

クリスマスに
それは難しい けれど 君が楽しんでいるとき

There's a world outside your window
And it's a world of dread and fear

そこに世界がある 窓の外に
恐れと崇敬の世界が

Where the only water flowing is
The bitter sting of tears

ただ水だけが流れている
苦しみを突き刺す涙の棘が

And the Christmas bells that ring there
Are the clanging chimes of doom
Well tonight thank God it's them instead of you

そしてクリスマスの鐘は鳴る その場所で
ガラガラと鳴り響く チャイムが 運命の
今夜は助かった それは彼らだ 君の代わりは

And there won't be snow in Africa this Christmastime
The greatest gift they'll get this year is life

降らないだろう 雪は アフリカに 今年のクリスマスには
最大の贈り物 彼らが手にする 今年の それは命だ

Where nothing ever grows
No rain or rivers flow

何も育たない
雨もなく 河も流れない場所で

Do they know it's Christmastime at all

彼らは理解しているのか それがクリスマスだと

Here's to you
Raise a glass for everyone

乾杯 君に
上げようグラスを 皆のために

Here's to them
Underneath that burning sun

乾杯 彼らに
その燃える太陽の下で

Do they know it's Christmastime at all

彼らは理解しているのか それがクリスマスだと

Feed the world
Feed the world
Feed the world

動かそう 世界を
突き動かそう 世界を
与えよう 世界に

Let them know it's Christmastime again

伝えよう 彼らに それがクリスマスだと もう一度


Do They know It's Christmas? (2014)
Band Aid 30
Virgin Records Us
2014-12-15







*****
意訳NOTE

2019/11/27

この歌詞の翻訳は何気に難しくてなかなか出来なかったんですが、初めてやってみました。
多くの箇所がダブルミーニングになっていて、その意味は、かなりシビアというか辛辣な気がします。

「And in our world of plenty」の「world of plenty」は「満たされた世界」としましたが「飽食の世界」が重なっていましょうか。

「And the Christmas bells that ring there Are the clanging chimes of doom」の「doom」は「運命」としましたが、これは「破滅」や「死」の意味合いです。つまり、このセンテンスは、クリスマスに最後の審判の鐘が鳴り響き、誰かが破滅に導かれる様子を描いているのだと思います。

その次に「Well tonight thank God it's them instead of you」が来ますから、それが「君」に代わって「彼ら」に訪れたことを神様に感謝している、今夜はとにかく助かった、みたいな感じかな。このセンテンスからはクリスマスソングとは思えない恐怖を感じます。

ここからあとは、雰囲気が変わります。
「雪は降らんけど、命を与えられる」と、前向きになっていきます。

エンディングの「Feed the world」には多くの意味が重なっています。「Feed」という単語には「養う」「食事を与える」などの他に「(コインを)入れる」などなどの意味がある。後ろに「the world」が来ますので「豊かにする」「刺激する(突っつく)」なども、かけて良いのかと思います。

つまり「Feed the world」という短い言葉の中に、世界を刺激して世界に与え世界を養い世界を豊かにしよう、みたいな、いろんな意味が含まれているのかと。

最後は「Let them know it's Christmastime again」。いいですね。

おかしい所も多いかと思いますが何卒ご容赦を。
また時間を置いて見直したいと思います。





このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ