洋楽歌詞和訳・ときどき邦楽英訳(意訳)

解釈がおかしいところも多々あるかと思いますが何卒ご容赦を。都度読み返しては修正ちう。



Englishman In New York -Sting (1987)

I don't take coffee, I take tea, my dear
I like my toast done on one side
And you can hear it in my accent when I talk
I'm an Englishman in New York

珈琲は飲まない 紅茶を嗜む
好みのトーストは片面だけ
わかるだろう このアクセントが
私はニューヨークの英国人

See me walking down Fifth Avenue
A walking cane here at my side
I take it everywhere I walk
I'm an Englishman in New York

見給え 五番街を歩く私を
傍らでつく この杖を
何処へでも持っていく 歩く時は
私はニューヨークの英国人

<※1>
Oh, I'm an alien, I'm a legal alien
I'm an Englishman in New York
Oh, I'm an alien, I'm a legal alien
I'm an Englishman in New York

私は外国人 合法で入国した
ニューヨークの英国人
私は外国人 合法で暮らしている
ニューヨークの英国人

<※2>
If "manners maketh man" as someone said
He's the hero of the day
It takes a man to suffer ignorance and smile
Be yourself no matter what they say

誰かが言ったように「礼節が立派な男を創る」なら
彼は当代の英雄だ
紳士であらねばならない 無教養を許し微笑むには
自分らしくあれ 誰が何を言おうとも

<※1くりかえし>

Modesty, propriety can lead to notoriety
You could end up as the only one
Gentleness, sobriety are rare in this society
At night a candle's brighter than the sun

謙遜と礼節は 手厳しい評判をもたらす
君は終わりを迎えられるだろう 唯一無二の存在として
寛大で素面なのは ここでは稀なことだ
夜の蝋燭は太陽よりも明るい

Takes more than combat gear to make a man
Takes more than a license for a gun
Confront your enemies, avoid them when you can
A gentleman will walk but never run

戦闘兵器以上のものが必要だ 紳士であるには
銃のライセンス以上のものがいる
敵と対峙した時は 出来るなら避け給え
紳士は歩き 決して走ることはない

<※2くりかえし>



*********
◆意訳NOTE

2019/03/24
意訳を全部修正しました

2017/08/12
「珈琲は飲まない。紅茶にトーストは片面だけ。このアクセントがわかるだろう。「礼節が人をつくる」としたら、彼は今日の英雄だ。男らしくあるために 無教養な事象にも堪えて微笑む。誰が何と言おうと 自分らしくあればいい。私は異邦人。合法でここに存在する。私はNYの英国人」

こんな感じかな。この歌のモデルになったと言われているのがアーティストのクエンティン・クリスプ。MTVにも登場してる。英国紳士のプライドが凄いよね。彼はゲイでもあり、幼い頃から疎外感を感じて生きてきた。その感覚はNYの英国人が感じるそれと重なるのかもしれない。強くなるために武力ではなく礼節を身につけ、周囲の無礼を堪え微笑み自分らしく生きる。Ytubeで検索すると彼の映像がたくさん出て来る。美しい紳士なのでぜひチェックしてみてください。この歌は映画「Stars and Bars」の主題歌でもあるんやけど、ちょっと内容とあわない感じもするし、映画も見てないので今回はスルーで。
*********










このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ