洋楽歌詞和訳・ときどき邦楽英訳(意訳)

解釈がおかしいところも多々あるかと思いますが何卒ご容赦を。都度読み返しては修正ちう。



Without You covered by Harry Nilsson (1972)


No, I can't forget this evening
Or your face as you were leaving
But I guess that's just the way the story goes

忘れる事など出来ない この夜を
残された君の面影を
でもこんなものなのかもしれない 物語の行方は

You always smile but in your eyes your sorrow shows
Yes, it shows

君はいつも笑顔で けれど瞳は悲しみを写し出していた
写し出していたんだ

No, I can't forget tomorrow
When I think of all my sorrow
When I had you there, but then I let you go

忘れられない 明日も
考える時 全ての苦しみ悲しみを
君はそこにいたのに 僕は手放してしまった

And now it's only fair that I should let you know
What you should know

今、わかりきった事を 僕は君に伝えなければならない
君が知るべきことを

I can't live if living is without you
I can't live, I can't give anymore

僕は生きていけない この人生に君なしでは
生きられない 何も与えられない



*********
◆意訳NOTE

2019/04/06
意訳を全部やり直しました

2017年07月17日
「忘れる事なんか出来ない。去っていった時の君の顔。いつも笑っていたね。でもその瞳には悲しみが浮かんでいた。おあいこだな。僕は伝えるべきだったんだ。君なしでは生きていけないという事を。」

こんな感じかな。オリジナルはバッドフィンガー。そのあと本当に多くのシンガーにカバーされ続ける名曲。ウチが初めて聴いたのは小学生の頃。姉が聞くラジオからハリー・ニルソンのカバーがガンガン流れてた。子ども心にキレイな曲やなあと思うておりました。その後、エア・サプライやマライア・キャリーがカバーしてその都度ヒットしてるよね。この歌を生み出したバッドフィンガーは残念ながら悲しい出来事をくり返し今はもう存在しない。どうか天国ではまた仲良くなって一緒に歌っていますように。
*********

ニルソン・シュミルソン
ニルソン
BMG JAPAN
2002-07-24







このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ