洋楽歌詞和訳・ときどき邦楽英訳(意訳)

アートは翻訳できない。それを重々承知の上で意訳しています。解釈がおかしいところもあるかと思いますが何卒ご容赦を。都度読み返しては修正ちう。



Sultans Of Swing -Dire Straits -(1978)


You get a shiver in the dark,
It's a raining in the park but meantime-
South of the river you stop and you hold everything

身震いする 暗闇の中で
雨が降る公園 その最中に
川の南で立ち止まり そして動けなくなる

A band is blowing Dixie, double four time
You feel alright when you hear the music ring

バンドが吹くディキシー リズムは4/4
安心する その音楽を聞けば

Well now you step inside but you don't see too many faces
Coming in out of the rain they hear the jazz go down

今、足を踏み込む けれど、さほど多くの顔は見えない
雨宿りに入ってくる彼らは 聴いている ジャズが始まるのを 

Competition in other places
Uh but the horns they blowin' that sound

競演は他所にある
けれどホーンは吹き続ける あの音楽を

Way on downsouth
Way on downsouth
London town

演奏は南へと
進んでいく 南へと
ロンドンの街を

Check out guitar george, he knows-all the chords
Mind he's strictly rhythm he doesn't want to make them cry or sing

見ておけ ギターのジョージを
熟知している 全てのコードを
覚えておけ その厳格なリズムは
求めてないと 観客を泣かせたり歌わせたりすることを

They said an old guitar is all, he can afford
When he gets up under the lights to play his thing

彼らは言う 古いギターが全てだと 余裕を持てると
立ち上がり 照明の下で 演奏する時に

And Harry doesn't mind, if he doesn't, make the scene
He's got a daytime job, he's doing alright

ハリーは平気だ 怯まなければ 最高の演奏になる
昼間の仕事も見つけた 彼は上手く行ってる

He can play the honky tonk like anything
Savin' it up, for Friday night

彼は弾く ホンキー・トンクを 激しく
演り続ける 金曜の夜のために

With the Sultans
We're the Sultans of Swing

サルタンと共に
俺たちはスウィングのサルタン

Then a crowd a young boys they're a foolin' around in the corner
Drunk and dressed in their best brown baggies and their platform soles

群がった若い男たち 戯けている その角の辺りで
酔っている チョッキと茶色のバギーパンツ、厚底靴で

They don't give a damn about any trumpet playin' band
It ain't what they call rock and roll

気にも止めない バンドが演奏するトランペットを
それは違う 奴らが呼ぶ「ロックンロール」とは

Then the Sultans
Yeah the Sultans they play creole, creole

そしてサルタンは
サルタンは演奏する クリオールを

And then the man he steps right up to the microphone
And says at last just as the time bell rings

やがて男が マイクの前に躍り出て
最後を告げる 終わりの鐘を鳴らすように

Goodnight, now it's time to go home
And he makes it fast with one more thing

「おやすみ。さあ家に帰る時間だ」
そして仕舞いを速める もう一曲と共に

We are the Sultans
We are the Sultans of Swing

俺たちはサルタン
俺たちはスウィングのサルタン


*********
◆意訳NOTE

2019/04/14
意訳を全部やり直しました

2017/07/09
「突然降り出した雨、ディキシーの音に釣られ雨宿りのためバーに入る。そこではバンドがジャズを奏でてる。あちらでもこちらでも、まるで競い合うように。若い連中は隅っこで酔っ払うだけ。奴らの興味はロックンロール。ギターは正しくリズムを刻みホーンは南に向かって鳴り響く。サルタンだ。サルタンの音楽、クリオール。やがて終わりの時が来た。おやすみ!みんな帰る時間だ。彼らは最後の曲を奏でる。サルタンの音楽を。」
こんな感じかな。ダイア・ストレイツのデビュー曲です。カッコイイよね。クリオールは初期のジャズのことだと思います。サルタンは王様。ジャズは王様の音楽、スイング。キングじゃ華々しすぎて雰囲気が出ない。サルタンがいい。くたびれた酒屋で雨の中奏でられるクリオール。哀愁を感じさせる。メロディーラインもクールで( ・∀・)イイ!!
*********
Sultans of Swing + DVD
Dire Straits
Mercury
2007-10-01




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ