洋楽歌詞和訳・ときどき邦楽英訳(意訳)

アートは翻訳できない。それを重々承知の上で意訳しています。解釈がおかしいところもあるかと思いますが何卒ご容赦を。都度読み返しては修正ちう。



Cherish - Kool & The Gang -(1984)

Let's take a walk together near the ocean shore
Hand in hand you and I

散歩しよう 一緒に 海岸近くを
手を繋ぎ合って 君と僕と

Let's cherish every moment we have been given
The time is passing by

大切にしよう 全ての瞬間を 2人に与えられた
時は過ぎ去ってゆく

<※1>
I often pray before I lay down by your side

僕は時々祈る 横たわる前に 君の隣で

<※2>
If you receive your calling before I awake
Could I make it through the night

もし君が神に召されてしまったら 僕が目覚める前に
僕は出来るのか 夜を過ごすことが

<※3>
Cherish the love we have
We should cherish the life we live

大切にしよう この愛を 2人が抱いている
僕たちは心から慈しむべきだ この人生を 2人が生きている

<※4>
Cherish the love
Cherish the life
Cherish the love

大切にしよう 愛を
慈しもう 人生を
抱いていこう 愛を

The world is always changing
Nothing stays the same
But love will stand the test of time

世界は常に変わっていく
何もない 留まっているものなど 同じ状態で
けれど愛は耐えるだろう 時の試練に

The next life that we live in
Remains to be seen
Will you be by my side

次の人生 僕たちが生きる来世で
その姿のまま
君は居てくれるのか 僕の隣に

<※1繰り返し>
<※2繰り返し>
<※3繰り返し>
<※4繰り返し>



*********
◆意訳NOTE

2019/07/30
意訳を全部修正しました。


2017/05/13
 「眠る前いつも祈りながら思う。もし目覚めた時君が天に召されていたら、どうやって朝を迎えればいいのかわからない。時は流れ世の中は変化し続ける。けれどこの愛だけは決して変わることはない。生まれ変わっても僕は君の隣にいる」

こんな感じかな。ベタ甘のラブソング。「If you receive your calling before I awake, Could I make it through the night」このセンテンスがいまいちようわからんかったんやけど、そのままベタで訳しました。フィーリング的には「眠ってる間に彼女が神様に召されたらと思うと朝を迎えるのが怖い。そう思うと眠れない。どないしてこの夜を過ごしたらエエんや?」みたいな感じやと思いてます。

◆余談
「Cherish」で思い出すのがローマの休日、ラストシーンの名台詞「I will cherish my visit here in my memory as long as I live」「ローマは忘れ得ぬ街となるでしょう」という訳は本当に凄い。美しい。凄いと思います。「cherish」っていうのが心の奥底で大切に持ち続けるっていう感じやからそれが美しい日本語にピッタリはまってるんですね。素晴らしいです。
*********



Very Best of
Kool & The Gang
Island / Mercury
1999-03-23




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ