洋楽歌詞和訳・ときどき邦楽英訳(意訳)

解釈がおかしいところも多々あるかと思いますが何卒ご容赦を。都度読み返しては修正ちう。



She(Tous les visages de l’amour) Charles Aznavour(1974)
covered by Elvis Costello (1999) , Theme song of the 
movie "Notting Hill".


She may be the face I can't forget
The trace of pleasure or regret

彼女 それは表情なのかもしれない 
僕に忘れることが出来ない
その痕跡 喜びや後悔の

May be my treasure or the price I have to pay

僕の宝物 若しくは 代償かもしれない
僕が支払うべき

She may be the song that summer sings
Maybe the chill that autumn brings

彼女 それは歌なのかもしれない 夏が歌う
たぶん 寒さだろう 秋が運ぶ

Maybe a hundred different things
Within the measure of a day

恐らく 百の異なるものなんだろう
その時間の中で 1日という

She may be the beauty or the beast
May be the famine or the feast
May turn each day into a Heaven or a Hell

彼女 それは美女か 野獣かもしれない
飢餓なのか 饗膳なのか
変化するかもしれない 日毎に
天国 若しくは 地獄へと

She may be the mirror of my dreams
A smile reflected in a stream

彼女 それは鏡かもしれない 僕の夢の
微笑みは映る 小川に

She may not be what she may seem
Inside her shell

彼女は違うのかもしれない
見えている姿とは
内側は 彼女を包む殻の

She, who always seems so happy in a crowd
Whose eyes can be so private and so proud
No one's allowed to see them when they cry

彼女は いつも見えている とても幸せそうに 群衆の中で
その瞳は とても密やかで、誇らしく出来るだろう
誰も許されはしない 見る事は そこから涙が溢れ出すのを 

She may be the love that cannot hope to last

彼女 それは愛なのかもしれない
願うことが叶わない 続けて行く事を

May come to me from shadows in the past
That I remember 'till the day I die

来るかもしれない 僕のもとへと 
物陰から 過去の中に存在する
僕は覚えている 
その日まで この命が果てる 

She maybe the reason I survive
The why and wherefore I'm alive
The one I'll care for through the rough in many years

彼女 それはたぶん 理由 僕が存在する
何故、何のために 僕は生きるのか
唯ひとつのもの 僕が慈しみ続ける
不安定な 長い年月を通して

Me, I'll take her laughter her tears
And make them all my souvenirs

僕は手に入れる 彼女の笑顔 彼女の涙を
そして全てを 僕への土産にする

And where she goes I've got to be
The meaning of my life is
She, she
Oh, she

だから彼女が行く場所に
僕は行かなくてはならない
それは意味だ 僕が生きる
彼女こそが

*********
◆意訳NOTE

2020/02/10
意訳を全部やり直しました。
とても難しくて、まだ分からないところだらけです。
また時間を置いて見直したいと思います。

2017/03/12
一回目意訳


*********







このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ