Both Sides Now Joni Mitchell (1969)

Rows and flows of angel hair
And ice cream castles in the air
And feather canyons everywhere
I've looked at clouds that way

天使の髪が流れ
アイスクリームの城が天空に浮かぶ
羽の渓谷はあちらこちらに
私は雲をそんなふうに見ていた

But now they only block the sun
They rain and snow on everyone
So many things I would have done
But clouds got in my way

今はただ太陽の光を遮り
すべてに雨と雪を降らしめる
多くの事を成し遂げるはずだったのに
雲が行手を塞いだ

I've looked at clouds from both sides now
From up and down and still somehow
It's cloud's illusions I recall
I really don't know clouds at all

私は雲を見ていた 両側から
上から下から 行く手を晴らそうと藻掻きながら
振り返れば それはただの幻影
私は雲を何一つ理解していない

Moons and Junes and ferries wheels
The dizzy dancing way you feel
As every fairy tale comes real
I've looked at love that way

満ちる月 巡る6月 回る観覧車
眩暈がするほど激しく踊る感覚
おとぎ話が現実になっていくように
私は愛することを覚えた

But now it's just another show
You leave 'em laughing when you go
And if you care, don't let them know
Don't give yourself away

けれど今は別の見世物
貴方は全てを置き去り 笑って出て行く
少しでも心配なら 教えてはいけない
本音をさらけ出してはならない

I've looked at love from both sides now
From give and take and still somehow
It's love's illusions I recall
I really don't know love at all

私は愛を見ていた 両側から
互いを支え合い まだ方法があると信じながら
振り返れば それはただの幻影
私は愛を何一つ理解していない

Tears and fears and feeling proud,
To say "I love you" right out loud
Dreams and schemes and circus crowds
I've looked at life that way

涙と恐れ 誇らしさと共に
はっきりと言葉にした「貴方を愛している」
夢と計画 賑やかな群衆
私は生き方を学んだ

But now old friends they're acting strange
They shake their heads, they say I've changed
Well something's lost, but something's gained
In living every day.

けれど今 古い友だちは様子がおかしい
別れの手を振る 「私が変わってしまった」と
何かを失い 何かを得た
生きている日々の中で

I've looked at life from both sides now
From win and lose and still somehow
It's life's illusions I recall
I really don't know life at all

私は人生を見ていた 両側から
掴まえ逃し まだやり方があると信じて
振り返れば それはただの幻影
私は人生を何一つ理解していない

I've looked at life from both sides now
From up and down, and still somehow
It's life's illusions I recall
I really don't know life at all

私は人生を見ていた 両側から
上から下から まだ他に方法があると言い聞かせながら
振り返れば それはただの幻影
私は人生を何一つ理解していない


*********
◆意訳NOTE

2017年3月10日
「雲も愛もそして人生も、私はいつも両側から見ていた。過去から未来から。どうにかしたくて思い出した、それは美しい幻想。ずっと見ていたはずなのに私は本当の姿を何も知らない」
こんな感じかな。ジョニーミッチェルは人生で2回この曲をリリースしてる。最初は若い頃、そして2回めは31年後。人生を重ねた彼女が歌うそれは深く重く素晴らしい。意訳は自分で納得できないところが多々あるので、また改めて手直しします。今夜はこれで。おやすみなさい

2018年6月17日追記

意訳全体をやり直しました。

「ふわふわ浮かぶ甘い砂糖菓子のような雲が、ある時、太陽の光を遮り行く手を塞ぐ。上から下から雲を眺め、まだ何とかなるんじゃないか、晴らすことができるんじゃないかと方法を探った。振り返ればそれは所詮幻影。私は本当の雲を何一つ理解していない。」

最初に甘く可愛いものとして雲を描き、やがてその雲は障害になり、恋人に友人になり、愛になり、人生になります。「子供の頃は甘く可愛いだけに見えていた事、愛も人生も、歩けば色んな問題が起こり、そのたび何とかなるんじゃないかと足掻き倒して来た。全てが過ぎた今、振り返ってみれば所詮は幻影でしかなかったと気づく。何とかしようとしてぶつかっていた物が何なのかすらわかっていなかった。自分は愛も人生も何一つ理解していない。」そんな感じかなと。とても深い。ステキな歌です。

「Both Sides Now」が何を表現するのか未だによくわかってません。当事者だった当時も両側から考えていた、今離れたところから客観的に見ると、自分は何もわかってなかったことを知る。過去と現在、主観と客観、全てを合わせて「Both Sides」「now」はその当時と今と両方。現時点ではこういう解釈です

*********



Both Sides Now
Joni Mitchell
Warner Bros / Wea
2000-02-28