One More Try -George Michael (1987)

I've had enough of danger
And people on the streets
I'm looking out for angels
Just trying to find some peace

僕は沢山の危険を抱え
人々のいる通りに出た
天使を探していたんだ
安らぎを求めて

Now I think it's time
That you let me know
So if you love me
Say you love me
But if you don't just let me go

今がその時だろう
教えてくれ
君が僕を愛しているなら
そう言って欲しい
だけどもし 君が僕を行かせてくれないのなら

'Cause teacher
There are things that I don't want to learn
And the last one I had
Made me cry

君は教えてくれた
でも学びたくないことがある
最後まで持ち続けたそれが
僕を悲しませた

So I don't want to learn to
Hold you, touch you
Think that you're mine

教わりたくない
君を抱き、君に触れ
君は僕のものだと思うことなど

Because it ain't no joy
For an uptown boy
Whose teacher has told him goodbye, goodbye, goodbye

それは喜びなどじゃない
何処にでもいる 普通の少年にとって
その人が彼にさよならを言うなんて

When you were just a stranger
And I was at your feet
I didn't feel the danger
Now I feel the heat

君がただの他人だった時
僕はその足元にいた
怖くはなかった
今はプレッシャーを感じてる

That look in your eyes
Telling me no
So you think that you love me
Know that you need me
I wrote the song, I know it's wrong
Just let me go

君のその目に
僕に何も言わない
僕を愛してるんだろう
僕が必要だと気付いて
歌を作った いい出来じゃないのはわかってる
どうか僕を行かせてくれ

And teacher
There are things
That I don't want to learn
Oh the last one I had
Made me cry

教えてくれた人
でも学びたくないことがある
最後まで持ち続けたそれが
僕を悲しませた

So I don't want to learn to
Hold you, touch you
Think that you're mine

教わりたくない
君を抱き、君に触れ
君は僕のものだと思うことなど

Because it ain't no joy
For an uptown boy
Whose teacher has told him goodbye, goodbye, goodbye

それは喜びなどじゃない
何処にでもいる 普通の少年にとって
その人が彼にさよならを言うなんて

So when you say that you need me
That you'll never leave me
I know you're wrong, you're not that strong
Let me go

君が僕を必要だと言ってくれたなら
決して離れることなどないだろう
君は間違ってる 強くもないくせに
もう行かせてくれ

And teacher
There are things
That I still have to learn
But the one thing I have is my pride

教えてくれた人
まだあるんだ
学ばなければならない事が
でも僕は
プライドを持ってる

Oh so I don't want to learn
Hold you, touch you
Think that you're mine

教わりたくない
君を抱き、君に触れ
君は僕のものだと思うことなど

Because there ain't no joy
For an uptown boy
Who just isn't willing to try
I'm so cold
Inside
Maybe just one more 

それは喜びなどじゃない
何処にでもいる 
挑戦しようとはしない少年にとって
冷たいんだ
心の中が
もう一度 やってみなくては

*********
◆意訳NOTE
2016年12月26日
 「アブナイことばっかりやってきた少年に愛と平和を教えてくれた彼女(先生)。絶対に教わりたくないことがある。君に触れ抱きしめる。そんなこと教わらなくてもわかってる。僕が必要だと言って欲しい。愛しているなら言葉にして。つまらないじゃないか先生が僕にサヨナラを言うなんて。だから僕を行かせて。手放して」
こんな感じかな。多分二人はいい関係で、男の子はずっと一緒にいたいのに叶わない事情がある。このままじゃ苦しすぎる。でも思い切る度胸もない。だから男の子のほうから離れていく。ジョージ・マイケルという人は本当に歌が上手い。フレディの追悼コンサートで歌ったSomebody to love なんか会場を包み込んで素晴らしかった。何を聴いても安心できる。ウチはバラードが最高に好き。透明感のある切なく甘い声。53歳は早すぎた。残念です。ご冥福をお祈りします。

2017年11月10日追記

全体をもう一度、意訳し直しました。
Teacher の解釈に凄く悩んでいて、どうしたら良いのか今もわからないのですが。
今回は先生ではなく「教えてくれる人、教えてくれた人」みたいな解釈にしてみました。
カテゴリーはHeartbreak songにしようかlove songにしようか未だに迷っています。
最後の 「one more try」がをポジティブに捉まえるならラブソングになる。
そしてウチはそう思いたい。今は難しくとも、お互いずっと同じ気持ちでいられたなら、
いつか長い時間を経てきっとまた結びつく。そんな希望を感じるのです。


*********


Live in London [Blu-ray] [Import]
George Michael
Sonybmg
2009-12-07