Fairytale Of New York -The Pogues Featuring Kirsty MacColl (1987)

It was Christmas Eve babe
In the drunk tank
An old man said to me, won't see another one
And then he sang a song
The Rare Old Mountain Dew
I turned my face away
And dreamed about you

それはクリスマス・イブだった
酔っ払って放り込まれたブタ箱
老いた男は言った「もういらねえ」
そして奴は歌ったのさ
懐かしいアイリッシュの自然を
オレは顔をそむけた
そしてオマエの夢を見た

Got on a lucky one
Came in eighteen to one
I've got a feeling
This year's for me and you
So happy Christmas
I love you baby
I can see a better time
When all our dreams come true

やった!
大当たりだぜ
最高の気分だ
俺たちにとって
最高のクリスマスになる
愛してるよ ベイビー
もっといい時間が過ごせるだろう
いつかすべての夢がかなったら

They've got cars big as bars
They've got rivers of gold
But the wind goes right through you
It's no place for the old
When you first took my hand
On a cold Christmas Eve
You promised me
Broadway was waiting for me

バカみたいにデカい車を手に入れた
黄金の川は奴らのもの
けれど風はあっという間に過ぎ去る
年寄りに居場所はない
あの寒いクリスマスの夜
アンタははじめてアタシの手を握った
約束したよね
ブロードウェイの舞台に立つって

You were handsome
You were pretty
Queen of New York City
When the band finished playing
They howled out for more
Sinatra was swinging,
All the drunks they were singing
We kissed on a corner
Then danced through the night

アンタはハンサム
オマエはベッピン
ニューヨークの女王だぜ
バンドは演奏を終え
オレたちは大声でわめいた
シナトラも酔っ払いもみんなが歌う
街角でキスを交わし
夜を踊り明かしたんだ

The boys of the NYPD choir
Were singing "Galway Bay"
And the bells were ringing out
For Christmas day

合唱団が歌う
古いアイリッシュソング
そして鐘が鳴り響く
クリスマスの日

You're a bum
You're a punk
You're an old slut on junk
Lying there almost dead on a drip in that bed
You scumbag, you maggot
You cheap lousy faggot
Happy Christmas your arse
I pray God it's our last

ぐうたら!
役立たず!
くたびれたふしだらな女
死人みたいに寝てばかりいやがる
くだらない!
卑しい奴!
クソッタレのホモ野郎!
テメエのケツにメリークリスマス
オマエとの別れを祈るぜ

The boys of the NYPD choir
Still singing "Galway Bay"
And the bells were ringing out
For Christmas day

合唱団が歌う
古いアイリッシュソング
そして鐘が鳴り響く
クリスマスの日

I could have been someone
Well so could anyone
You took my dreams from me
When I first found you
I kept them with me babe
I put them with my own
Can't make it all alone
I've built my dreams around you

別の誰かになってたかもしれない
きっとなれたんだ。
アンタはアタシの夢を奪った
はじめて出会った日に
オレの夢はオレ自身がオマエに渡した
一人じゃ何もできやしない
夢はいつもオマエと一緒にあったんだ

The boys of the NYPD choir
Still singing "Galway Bay"
And the bells are ringing out
For Christmas day

合唱団が歌う
古いアイリッシュソング
そして鐘が鳴り響く
クリスマスの日


*********
◆意訳NOTE
「飲んだくれてブタ箱に放り込まれた日、傍らにいた酔っぱらいが歌う懐かしいアイルランドの歌を聴きながら懐かしい昔を思い出す。合唱団がアイリッシュソングを歌い鐘が鳴り響きオレとオマエはキスを交わした。やがて夢破れケンカの毎日。けど、オレの夢はいつもオマエとともにあったんだ」
こんな感じかな。ケルトっぽいメロディーラインがいいよね。シェインとカースティ―のやさぐれた感じもいい。男と女ってたいていこんな感じよね。最初はラブラブでもやがて罵り合う。成功したらいいけどそんなの氷山の一角。ごはんは何とか食べられても貧しい心に幸せは生まれない。それでもやっぱり愛してるのよ。だから夢見たころを思い出して余計切なくなる。その気持が無くなったら本当にジ・エンド。この歌はやさぐれてるけどそういう意味じゃまだまだ温かい。本当に醒めたら思い出すこともない。記憶なんて簡単に消しゴムで消せるから。
カースティ―は2002年にボート事故で早逝。まだ若かったのに。残念でした。もうすぐクリスマス。天国で素敵な歌を歌っていますように(-人-)
*********





The POGUES (Original Album Series)
POGUES(ポーグス)
Warner Music
2010-02-27