洋楽歌詞和訳・ときどき邦楽英訳(意訳)

アートは翻訳できない。それを重々承知の上で意訳しています。解釈がおかしいところもあるかと思いますが何卒ご容赦を。都度読み返しては修正ちう。



Up where we belong - Joe Cocker (1982)
soundtrack for the movie "An Officer and a Gentleman",
Academy Award for Best Original Song in 1982


Who knows what tomorrow brings 
In a world few hearts survive?

誰に分かるというのか 何を明日が齎すかなど
この世界では わずかな心しか生き残れないのか

All I know is the way I feel
When it's real, I keep it alive

僕に分かっているのは 自分が感じることだけ
それが現実なら 僕は生き抜ける

<※1>
The road is long
There are mountains in our way
But we climb a step every day

道は長い
山がある 僕たちの道程には
けれど2人は登る 一歩ずつ 毎日

<※2>
Love lift us up where we belong
Where the eagles cry
On a mountain high

愛が持ち上げる 2人を 僕たちが立つべき場所へと
鷲が鳴く
高き山の頂へと

<※3>
Love lift us up where we belong
Far from the world below
Up where the clear winds blow

愛が持ち上げる 2人を 僕たちが立つべき場所へと
遥か彼方 下の世界から
高く澄み切った風が吹く

Some hang on to, 'used to be'
Live their lives looking behind

誰かはしがみつく 「かつて為した事に」
生きている彼らは人生で 見ている 過去だけを

All we have is here and now
All our life out there to find

2人に有るのは 此処、そして今
全ての人生は ただそれを見つけるために

<※1くりかえし>
<※2くりかえし>
<※3くりかえし>

Time goes by, no time to cry
Life's you and I, a life today

時は過ぎゆく 嘆いている時間はない
人生は君であり僕であり 人生は今日なんだ

<※1くりかえし>
<※2くりかえし>


*********
◆意訳NOTE

2019/06/09
意訳を全てやり直しました

2016/11/14
 「明日何が起こるかなんてわからない。傷つくこともあるだろう。過去にとらわれたままの人もいる。でも僕たちは前へと進んでいこう。高い山を超え二人があるべき場所へ」
こんな感じかな。1982年の大ヒットにして青春映画の傑作「愛と青春の旅立ち」テーマ曲。リチャードギアはこれで大ブレイクした。カッコ良かったよねえ。映画はシビアなシーンも多くていろんなことを考えさせられたけど最後はハッピーエンディング。歌詞の中、イーグルは主人公の役どころと重なってる。
本日知人の結婚式にて。末永くお幸せに(^人^)
*********


愛と青春の旅だち [Blu-ray]
リチャード・ギア
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2013-06-21




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ