洋楽歌詞和訳・ときどき邦楽英訳(意訳)

アートは翻訳できない。それを重々承知の上で意訳しています。解釈がおかしいところもあるかと思いますが何卒ご容赦を。都度読み返しては修正ちう。



A Hard Rain's A-Gonna Fall -Bob Dylan(1963)


Oh, where have you been, my blue-eyed son?

And where have you been my darling young one?

いったい何をしていたんだ。

青い瞳の息子よ。

どこに行ってたんだ。

可愛い私の子ども


I've stumbled on the side of twelve misty mountains

I've walked and I've crawled on six crooked highways

I've stepped in the middle of seven sad forests

I've been out in front of a dozen dead oceans

I've been ten thousand miles in the mouth of a graveyard


12の霧に包まれた山に躓き

6つのクネクネ曲がった高速道路をノロノロ歩き

7つの寂しい森の中へと入り込み

そして12の死の海に出て

一万マイル続く死骸の中にいた


And it's a hard, it's a hard, it's a hard, and it's a hard

It's a hard rain's a-gonna fall.


土砂降りだった。

激しく強い雨が叩きつけていた。


Oh, what did you see, my blue eyed son?

And what did you see, my darling young one?


いったい何を見たんだ?

私の青い瞳の息子。

何を見てきたんだ?

可愛い私の子ども


I saw a newborn baby with wild wolves all around it

I saw a highway of diamonds with nobody on it

I saw a black branch with blood that kept drippin'

I saw a room full of men with their hammers a-bleedin'

I saw a white ladder all covered with water

I saw ten thousand talkers whose tongues were all broken

I saw guns and sharp swords in the hands of young children


野生のオオカミに囲まれた生まれたての赤ん坊

誰もいないダイヤモンドのハイウェイ

血が流れ続ける黒い枝

血のりがついたハンマーを握る男でいっぱいの部屋

水に沈んだ白い梯子

舌をもがれた一万人の話し上手

銃と剣を持つ小さな子どもたち


And it's a hard, it's a hard, it's a hard, and it's a hard

It's a hard rain's a-gonna fall.


土砂降りだった。

激しく強い雨が叩きつけていた。


And what did you hear, my blue-eyed son?

And what did you hear, my darling young one?


いったい何を聞いたんだ?

私の青い瞳の息子。

何を聞いてきたんだ?

可愛い私の子ども


I heard the sound of a thunder that roared out a warnin'

I heard the roar of a wave that could drown the whole world

I heard one hundred drummers whose hands were a-blazin'

I heard ten thousand whisperin' and nobody listenin'

I heard one person starve, I heard many people laughin'

Heard the song of a poet who died in the gutter

Heard the sound of a clown who cried in the alley


警告を知らせる雷の轟音

世界を溺れさせてしまう波の音

両腕が炎に包まれた百人のドラマー

誰も聞いていない一万のささやき

一人の餓え、多くの人々の笑い、

ギターに埋もれ死んだ詩人の歌

裏通りで泣く道化師の声


And it's a hard, it's a hard, it's a hard, it's a hard

And it's a hard rain's a-gonna fall.


土砂降りだった。

激しく強い雨が叩きつけていた。


Oh, what did you meet my blue-eyed son ?

Who did you meet, my darling young one?


いったい誰と出会ったんだ?

私の青い瞳の息子。

何と出会ってきたんだ?

可愛い私の子ども


I met a young child beside a dead pony

I met a white man who walked a black dog

I met a young woman whose body was burning

I met a young girl, she gave me a rainbow

I met one man who was wounded in love

I met another man who was wounded in hatred


死んだポニーの側に佇む小さな子ども

黒い犬と歩く白い男

身体の燃えた若い女

若い娘 彼女は僕に虹をくれた

恋に傷ついた若い男

別の男は憎しみにもがいていた


And it's a hard, it's a hard, it's a hard, it's a hard

And it's a hard rain's a-gonna fall.


土砂降りだった。

激しく強い雨が叩きつけていた。


And what'll you do now, my blue-eyed son?

And what'll you do now my darling young one?


何をしようとしてるんだ?

私の青い瞳の息子。

これから何をするんだ?

可愛い私の子ども


I'm a-goin' back out 'fore the rain starts a-fallin'

I'll walk to the depths of the deepest black forest


雨が降る前に戻る

暗く深い森のずっとずっと奥へと歩いて行く


Where the people are a many and their hands are all empty

Where the pellets of poison are flooding their waters

Where the home in the valley meets the damp dirty prison


人々が何も手にしていない場所へ

毒薬が海に浮かんでいる場所へ

湿って薄汚れた監獄になっている渓谷の家へ


And the executioner's face is always well hidden

Where hunger is ugly, where souls are forgotten

Where black is the color, where none is the number


死刑執行人の顔はしっかり隠されている

飢餓は醜く、魂は忘れ去られ

真っ黒な、数えらるもののない場所へ


And I'll tell and speak it and think it and breathe it

And reflect from the mountain so all souls can see it

And I'll stand on the ocean until I start sinkin'

But I'll know my song well before I start singing


そして伝え、話し、考え、休ませよう

それは山に木霊し、すべての魂に届くだろう

やがて沈み始めるまで海の上に立つ

けれど歌はそれよりも早く届くだろう


And it's a hard, it's a hard, it's a hard, and it's a hard

It's a hard rain's a-gonna fall.


土砂降りだった。

激しく強い雨が叩きつけていた。



*********
◆意訳NOTE
 「息子よお前はいったい何を見て来たんだ?問う父に戦場の悲惨な様子を淡々と語り続ける。いつも激しい雨が打ち付けていた。僕はまた戻る。あの黒い場所へ。そして語り伝え考え休ませよう。でもそれより先に歌が届くだろう」
こんな感じかな。翻訳していてシンドイほど歌詞は焦げ臭くえげつない。そのストレートさが戦争の悲惨さをストレートに訴えてくる。この人の歌は野坂昭如の小説に似てる。ただ淡々と事実を伝える。戦争を経験した野坂とそうではない彼とは伝える中身も意味も目的も違うのでしょうけれど。この度はノーベル文学賞受賞まとことにおめでとうございます。

2017年8月9日修正
少し修正しました。世界が平和でありますように

*********





このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ