洋楽歌詞和訳・ときどき邦楽英訳(意訳)

解釈がおかしいところも多々あるかと思いますが何卒ご容赦を。都度読み返しては修正ちう。



Circle of Life - The soundtrack for the Disney movie  The Lion King (1994)

From the day we arrive on the planet 
And blinking, step into the sun

その日から 私達が到着する この地球に
瞬きと共に 足を踏み入れる 太陽の中へ

There's more to see than can ever be seen 
More to do than can ever be done

そこにはある 
もっと 見るべきことが 
それ以上に かつて出来た 見ることが
もっと すべき事が  
それ以上に かつて出来た することが

There's far too much to take in here
More to find than can ever be found

そこにはある 
あまりにも多くが 手に入れるために ここで
もっと 見つけるために 
それ以上を かつて出来た 見つけることが

But the sun rolling high
Through the sapphire sky
Keeps great and small on the endless round 

けれど 太陽は 昇っていく 高く
このサファイヤの空を
守る 大きなものも 小さなものも
果てしない廻転によって

It's the Circle of Life
And it moves us all

それが命の輪
動かす 私達 すべてを

Through despair and hope
Through faith and love

通り抜けて 
絶望と希望を
信頼と愛を

Till we find our place
On the path unwinding
In the Circle
The Circle of Life

見つけるまで 私達の場所を
その道筋を 解いていく
輪の中で
命の輪の中で


*********
◆意訳NOTE

2020/08/12

メモ ※あくまでも現時点の解釈として

◆2と3のセンテンスに出てくる 3つの「to ~ 」
 これらは幾つもの意味が重なっていると思います。

to see 見る、理解する、確かめる etc,
to take in 手に入れる 受け取る 理解する  何かをするために出向く etc,
to find 見つける 出会う 理解する 満足する 目覚める etc,

これらのことを 「to do」する、ということになりましょうか。 

◆以下は私の、現時点における、この歌の解釈です。

***

この地球に訪れた(生を受けた)瞬間から

以前に(今生の前に)為してきた多くの「to do」
以上のことを為して行かねばはならない。

なのに、太陽はどんどん高く昇っていく
(時間が過ぎていく)

このサファイヤの空を
(途切れる事のない/繋がっている/広がっている 輝く世界で)

その絶え間ない(太陽の)回転により(回転の中で)
(※地球からは太陽が回っているように見える)
全ての生命を守りながら。

それが命の輪。
私達は誰もがその回転の中で動かされている。

絶望と希望を、信頼と愛を通り抜けて
見つけるまで、居るべき場所を

こんがらがった道筋を解き開き
時には巻き戻しながら

自分の道を進んでいく
この命の輪の中で

***

こんな感じかと。

使われている言葉は子どもでも理解出来る
とてもシンプルな単語ばかりなのですが
本当に深い。

また時間を置いて見直したいと思います。


2020/07/25
意訳を全部やり直しました
やっぱりまだ難しい(;´Д`)

最後のセンテンス
「Till we find our place on the path unwinding in the Circle, the Circle of Life」

ここは何を言ってるのか
全く理解できていないのですが、
現時点では

「私達の居場所を見つけるまで。
 そこに続く道はこんがらがっている。
 そのこんがらがった道を解きながら
 時には巻き戻しながら、
 自分の進むべき道を開き進んでいく。
 永遠に続く命の輪の中で。」

みたいな感じかと思っています。
あくまでも思うだけ(;´Д`)

とても大好きな曲なので
また時間をおいて見直したいと思います。

2019/05/03
2回目意訳

2016/09/26
1回目意訳

*********




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ