洋楽歌詞和訳・ときどき邦楽英訳(意訳)

アートは翻訳できない。それを重々承知の上で意訳しています。解釈がおかしいところもあるかと思いますが何卒ご容赦を。都度読み返しては修正ちう。



The Water Is Wide - folk song from Scotland. sing by Karla Bonoff

<※1>
The water is wide, I can't cross o'er
And neither have I wings to fly

河は広く 僕には出来ない 渡ることが
翔ぶための翼もない

<※2>
Give me a boat that can carry two
And both shall row, my love and I

舟を下さい 2人を運べる
並べて漕ぎ出そう 愛する君、そして僕とで

Oh love is gentle and love is kind
The sweetest flower when first it's new

愛は穏やかで 愛は優しい
甘く芳しい花 最初の頃は

but love grows old and waxes cold and fades away
like morning dew

けれど 愛が老いれば 蜜は冷え やがて消え去る
朝露のように

There is a ship and she sails the sea
She's loaded deep as deep can be

そこに舟があり 彼女は漕ぎ出す 海へと
積み込まれた想いは 深奥へ行くために 出来る限り

But not as deep as the love I'm in
I know not how I sink or swim

けれど深くはない この愛ほどは 僕がはまり込んでいる
わかっている 僕は知らないのだと どうやって沈むか泳ぐかを

<※1くりかえし>
<※2くりかえし>


*********
◆意訳NOTE

2019/04/28
意訳を全部やり直しました。まだわからない部分がたくさんあって、全体をどう解釈していいのか、正直分かっていません。また時間を置いて見直したいと思います。

2018/09/14
以前翻訳したものをもう一度やり直しました。
始まりは芳しくとも、月日と共に色あせる愛の儚さ、互いの想いを重ね合わせる事の難しさ、それでも共に舟を漕ぎ川を渡っていく、人生における愛というものの有り様を歌った哲学的な歌詞です。もともとはスコットランドの民謡で、歌い継がれる中で多くの歌詞が生まれています。意味はなかなか理解できないのでまた時々見直して行きます。

2016/09/08

「この広い河を超えるためにボートで漕ぎだしたとて、やがて愛は老い醒め朝露のように消えてしまう。彼女は深く深く進んでいくけれど、私の愛より浅い。どうやってそこまでたどり着けばいいのか私にはわからないのです」

愛を妨げる大きな何かがあって、無理にそれを超えたとしてもやがて愛は醒め冷えてしまう。こちらに向かってくる彼女をどう受け止めればいいのか、どうやっ て二人で愛の深さまでたどり着けばいいのか、私にはわからない、そんな雰囲気でしょうか。複雑で少し切ない愛の歌。スコットランドの民謡が歌い継がれる中 で少しづつ歌詞を変えたその中の一曲。姐さんからのリクエストにて。

*********
ささやく夜
カーラ・ボノフ
ソニー・ミュージックレコーズ
1997-01-22




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ