椰子の実 島崎藤村 (1901)
Under the foreign sky

名も知らぬ 遠き島より
流れ寄る 椰子の実一つ

Just only one coconut
Washed ashore
From far unknown island

故郷の岸を 離れて
汝(なれ)はそも 波に幾月(いくつき)

How long time
You've been tossed on the waves?
Since left from your hometown

旧(もと)の木は 生いや茂れる
枝はなお 影をやなせる

The tree that did care of you may grew up
And branches, lush leaves make shade.

われもまた 渚(なぎさ)を枕
孤身(ひとりみ)の 浮寝(うきね)の旅ぞ

I also listen to the sound of ocean surf alone
And go to sleep under the foreign night sky

実をとりて 胸にあつれば
新(あらた)なり 流離(りゅうり)の憂(うれい)

Take it up and pressed to my heart
And I think, how can I do that,
how can I live.

海の日の 沈むを見れば
激(たぎ)り落つ 異郷の涙

When I see the sunset into the ocean from the strange island
I can't stop move of tears flow freely

思いやる 八重の汐々(しおじお)
いずれの日にか 国に帰らん

Many memories come and back like restless waves
Someday, I will back to my hometown

藤村詩抄 (岩波文庫)
島崎 藤村
岩波書店
1995-04-17


*********
◆意訳NOTE
本当に美しい詩、美しい曲。遠い島から流れ着いた椰子の実を先も見えず放浪を繰り返す自分に重ねあわせて孤独、将来の不安、そして懐かしい故郷への思いを歌い上げる。こういう詩に巡りあうと本当に日本人でヨカッタなあって思うよね。こんなに美しい言葉の国で良かった。
*********