If -Bread (1971)

If a picture paints a thousand words
Then why can't I paint you?
The words will never show
The you I've come to know

もし1枚の絵が千の言葉に勝るのなら
なぜ僕は描けないのだろう
言葉では決して言い表せない
僕が知っている君を

If a face could launch a thousand ships
Then where am I to go?
There's no one home but you
You're all that's left me too
And when my love for life is running dry
You come and pour yourself on me

もし顔を上げるだけで千の船を出航できるなら
僕はどこに向うのだろう
家には誰もいない けれど君は
君は全てを僕に残して行った
人生への愛着が枯れかけた時
君が現れ自身を僕に注ぎ込む

If a man could be two places at one time
I'd be with you
Tomorrow and today
Beside you all the way

もし1人の男が同じ時間に異なる場所にいられるなら
僕はずっと君といよう
明日も今日も
ずっと一緒に どんな時も

If the world should stop revolving
Spinning slowly down to die
I'd spend the end with you
And when the world was through
Then one by one the stars would all go out
Then you and I would simply fly away

もし地球が回転を止めざるを得ないなら
螺旋を描きながらゆっくりと死に向かい
終わりの時を過ごそう 君と一緒に
やがて世界は通り過ぎ
ひとつひとつの星が輝き始めたら
2人ですっと翔び立とう



*********
◆意訳NOTE

2018/09/17
意訳を少し修正しました
愛する人を何らかの事情で失った後、時間の間で「IF(もし)」を繰り返しやがて星になるであろう時を描き出す。曖昧な時間軸に美しい歌詞とメロディーラインが重なるステキな曲です。もう50年近く前の曲になるんやね。いつ聴いてもいい歌です。

2016/09/09
「たとえ世界に終わりが来ても、僕は君とともに最後の日を迎えたい。人々が夜空に瞬く星になったころ、僕達はただすっと遠くへ飛んで行こう」

こんな感じかな。なんとも甘いラブソング。単語は簡単やけど言い回しが難しくてわからないところ多数(;´Д`) 日本でもCMに使われたりで馴染みのある歌ね。

*********

The Best of Bread
Bread
Elektra / Wea
2001-06-25