I Like Chopin - Gazebo (1983)

Remember that piano
So delightful unusual
That classic sensation
Sentimental confusion

覚えてる あのピアノ
とても愉快で独特な
古典的な感覚と
感傷的な戸惑いを

Used to say
I like Chopin
Love me now and again

よく言っていた
ショパンが好きだと
僕を愛して そしてもう一度

Rainy days never say goodbye
To desire when we are together
Rainy days growing in your eyes
Tell me where's my way

雨の日はサヨナラなど言えない
求めないで僕たちが一緒の時は
雨の日が増えていく 君の瞳の中に
教えて欲しい 僕はどうすればいいのかを

Imagine your face
In a sunshine reflection
A vision of blue skies
Forever distractions

思い浮かべる 君の顔を
太陽の光が照り返す
青い空の情景は
永遠に気を紛らわせる

Used to say
I like Chopin
Love me now and again

よく言っていた
ショパンが好きだと
僕を愛して そしてもう一度

Rainy days never say goodbye
To desire when we are together
Rainy days growing in your eyes
Tell me where's my way

雨の日はサヨナラなど言えない
求めないで僕たちが一緒の時は
雨の日が増えていく 君の瞳の中に
教えて欲しい 僕はどうすればいいのかを

*********
◆意訳NOTE

2018/09/18
意訳を全部修正しました。

2016/10/22
 「このピアノ、覚えてる。楽しかったよね。いつもと違うクラシカルな雰囲気。感傷と困惑の入り混じった。言ってたね、ショパンが好きだって。君の顔を思い出しずっと気を紛らわせてる。サヨナラなんて言えないよ。」

ショパンを聴きながら昔彼女と行ったクラシックコンサートかしら?を思い出し、記憶の中にその輝きを探して気を紛らわせてる、ただそれだけの失恋ソング。聴こえてくるのは別れの曲か何かかしら。「ショパン」ってのがいいよね。誰でも何か一曲は聴いたことある。そのフレーズだけで歌の世界がぐっと広がる。日本ではユーミンが訳詞、小林麻美の歌で大ヒットした。元祖アンニュイ女優は田辺エージェンシー会長夫人。元祖年の差カップルでもあったんかな。今年の夏25年ぶりに雑誌のカバーを飾りました。いい年の取り方してると思った。彼女のショパンは優雅なワルツみたいやね(*´ω`*)
*********

ベスト・オブ・ガゼボ
ガゼボ
BMG JAPAN
2002-10-02